FC2ブログ

ニュアンスが違いませんか

名作絵本をレビューするブログです

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きんたろう

きんたろうの話がどんなのだったか、まるでぴんとこないのですよね。

「まさかりかついだ きんたろう」とか、「足柄山で くまをたおした きんたろう」とか…
かるたの読み札レベルです。

きんたろうこと坂田金時については、
金時豆の名の由来であるとか、はたまた銀魂(ジャンプ連載中)の銀さんのネタ元(あ、銀魂で金時も出ましたね)とか。
子供は金平できんぴらごぼうの名の由来であるとか
そういう豆知識程度は持っていますが、話となると…。


きんたろう  世界名作ファンタジー〈58〉きんたろう 世界名作ファンタジー〈58〉
(1999/01/25)
平田 昭吾

商品詳細を見る


さて、この本ですが、読み始めてすぐに、きんたろうがなぜ山奥にいるのかの事情を説明してくれます。

おとうさんは つよい おさむらいでしたが、 いくさで しんでしまいました。



それでおかあさんは敵につかまらないよう山奥できんたろうを育てていたらしいのです。そうなのか…

きんたろうは気は優しくて力持ち。すくすく元気に育ちました。
きんたろうが山の動物たちと相撲をしていると、みんなをいじめているクマが現れました。
クマもきんたろうにはかないません。クマの子供がかばうと、きんたろうはわらってクマをゆるしました。
クマもきんたろうと仲良くなりました

ある日きんたろうは釣りをしに大きな淵に出かけました。
するとこの淵の主の大きな鯉が飛び出してきました。
鯉は竿をくわえて戻ってしまいました。
きんたろうはすぐ水の中に飛び込み、釣竿を取り返そうと鯉と力比べになりました。
いつまでたってもきんたろうがあきらめないのでとうとう鯉がまいったをしました。そしてすっかり仲良しになりました。


なんだろうな…モヤモヤします。
仲良しって、きんたろうの思い込みなんじゃないかなあ…
と思ってたら青空文庫さんの方では
「家来にしてやりました」とのことです!やっぱりね!!ごまかさなくていいよ!!

また、ある日のこと。
きんたろうは、 どうぶつたちを ひきつれて、 たんけんに でかけました



ホラ、俺のツレ的な感じ出してきた!

探検していると橋が壊れてしまっている谷川に出てしまいました。
すると、きんたろうは木をえい!と両手で押し倒して、りっぱな木の橋をかけました。



kintaro1.jpg

まさかり使いなよ!!

その橋を渡ろうとした狸が川に落ちてしまいました。
飛び込んだきんたろうは狸を抱えましたが激しい川の流れにはかなわずどんどん流されていきます。
そのときあの時の鯉が姿を現し、きんたろうと狸を背中に乗せて助けてくれました。


こっちが黙ってたらウソッパチ(失礼)を…でも、絵を見たら絶対フィクションだと思うのです!
ホラ!!

kintaro2.jpg



そんなバカなと思うでしょう!?

けど何のために?鯉と仲良し説をごり押しするためですかね?
…と思ってたらすぐなぞが解けました。

その様子を見ていた旅のお侍がいたのです。

「なんと 力の つよい子だろう! そして また なんとゆうきのある子なんだろう!」



このためです!
狸助けはこれを言わせるための伏線だったのです!!
だからって鯉に乗る必要性は感じません!!

お侍は源頼光という、えらい大将の家来で、一緒に都に行こうと誘ってくれました。
きんたろうは都に行き、坂田金時と名を改め、有名なお侍になりました。
そして源頼光の有名な4人の家来となり、大江山の酒呑童子を退治したときには大活躍したということです。



うーん…。
盛り上がりもなく終わってしまいました。
でも、要は「きんたろう都に行けてよかったね」、ですむ話なんだと思うんですよ。
思うんですけど!
でも

少年マンガの王道要素である

努力(日ごろの鍛練)
友情(しかも動物との触れ合い)
勝利(vs熊、vs鯉、vs酒呑童子)

が入っているのにこのピンとこない感じは何ででしょうね?

話自体色々な伝説やら戯曲やらが混じってるらしいので、ぼやけちゃったんでしょうかねー。
この話ジャンプの先生が書いたらそりゃーもう面白い話になりそうな気がしません?

もう少し強い侍に俺はなる!!という強い意志を見せてくれると応援する気も出てきますし。
狸を助けるときに「体が勝手に動いちまったんだよ…バカ」とか言ってもいいですね。
ただ強いキャラだったきんたろうに深みが出てきそうな気がします。
(ナルト連載お疲れ様でした!)

各自脳内でジャンプ色を補完しながら読むのがお勧めです。



ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします!


絵本 ブログランキングへ

スポンサーサイト

| 名作絵本 | 14:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。