ニュアンスが違いませんか

名作絵本をレビューするブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

にんぎょひめ

とにかくプリンセスとプリキュア好きのお子様にお勧めしたいのがコチラ!

にんぎょひめ (せかいめいさくアニメえほん)にんぎょひめ (せかいめいさくアニメえほん)
(2013/05/25)
薬師 夕馬

商品詳細を見る


萌えーーー!

こちらの人魚姫はプリキュアでおなじみの上北ふたご先生が絵を描いていらっしゃいます。
先生いつも娘がお世話になっております!
かわいいキャラクターはもちろん、このヒレの部分のハートなども娘が心を奪われたところです。
細かいところでも娘心をわしづかみ、さすがです。

それから「かぞくでたのしいかわでの絵本」は、その名の通り、女の子だけがキュンキュンする絵本ではありません。
お姉さん人魚のお尻が覗いていたり、
人魚姫のヌードがあったりとちょいエロもバッチリ
男の子にも(たぶん)楽しんでいただける絵本なのです!

まー親としては絵がかわいすぎてちょっと気まずいところもあります。
特に、人間になった人魚姫をお城に連れてかえった王子の絵は、
人魚姫がカワイイから下心バリバリで傍に置いているようにしか見えませんし、
隣の国の王女様と結婚した王子を殺そうと寝室にしのびこんだところなんかですね…。

そのとき 王子さまが ゆめの中で 花よめの なを よんだのです。


ningyo.jpg

ヤダ、王子と王女がなんか生々しい!



ところで。
王子に恋するあまり人間の世界に行きたくなった人魚姫が、物知りのおばあさんに尋ねるシーンがあるのですが
それがちょっと唐突なんですよね。

「人げんは いつまでも いきていることが できるのでしょうか」



正直、なんでそんなこと聞くの?と思いました。
王子への恋わずらいと、人間の寿命の話はなんだかズレてる気がしたのです。
その質問に対して、おばあさんは
人間の一生は人魚よりもずっと短いが、人魚にはない魂があり、それは永遠に消えることがない。
と答えます。

…なんだかよくわかんないけどわかった((C)トッキュウ1号)ような…

私が好きな青空文庫さんの『人魚のひいさま』を読んでみますと、

人魚は
・王子が好き
 ↓
・人間になりたい
 ↓
天国へ昇っていける、死なない魂もほしい(人魚は死ぬと泡になる)
 ↓
・人魚が魂を手に入れるには、人間が人魚を愛し、永遠の誓いをしてもらうことで、
人間の魂を分けてもらうことができる
 ↓
どうしても王子と結ばれたい!!

ということらしく、唐突だと思った魂の話は、結構重要なポイントになってきます。ただ単に王子のことが好きなだけではないのです。
『人魚のひいさま』の方では、
最終的に魂を手に入れられなかった人魚姫は、泡になった後、別の方法で魂を手に入れる方法を教えてもらっています。

絵本の方ではこうなっています。

やさしい ひかりに つつまれ たかく たかく そらを のぼって いきました



人魚が天国に昇っていく…それは魂を手に入れることができたからでしょう。

人魚姫奥が深いです!!おすすめです。





ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いいたします!


絵本 ブログランキングへ

スポンサーサイト

| 名作絵本 | 04:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。